注目キーワード
  1. 子育て
  2. 英語
  3. 国語
  4. やる気

英語が苦手な中学生に、おすすめな英語の勉強方法

Pocket

英語に苦手意識を持っている中学生は多いです!!

最近では小学校から英語の授業を取り入れているところもありますが、多くの人が苦手意識を感じている英語。

 

まずは英単語を覚えたり、日本語とは違った文法や発音が求められることをとても難しく感じている方も多いのではないでしょうか。

 

でも英語が話せるってとても役に立つし、勉強を始めてみたい!とも思いますよね。

 

そんな方におすすめの英語の勉強方法をご紹介していきたいと思います。

 

やっぱり基礎が大事!

ずっと日本語を使ってきた人にとって、英語を勉強する上でつまづく原因となってしまいがちなのが、文法の違いを理解し覚えることではないでしょうか。

 

今の段階で、中学生になって習うレベルの英語も難しいと感じる場合は、まず中学の間に習うレベルの英語の基礎や応用を勉強していくことがおすすめです。

 

しっかりと基礎固めする上で、家庭教師を利用する方法もあります。

東大や医学部の講師を多く在籍する『オンライン家庭教師e─Live』がおすすめです。
勉強のできる人の”学習方法”が学べるので、英語以外の教科にも活かすことができます。

 

また意外なことに、実際海外の人達が日常で使っている英会話をしっかり聞いてみると、

中学レベルの単語で構成されていることが多くあります。

この本の内容は、中学レベルの英単語で英会話ができるようになるというものです。

将来を見据えた英会話の「先取り学習」が、中学レベルの英単語をしっかりと押さえることで、可能になるわけです。

 

今中学生の方や、今一度中学レベルの英語の基礎を勉強しようとしている方に、

知っておいていただきたいポイントもご紹介していきましょう。

 

単語を覚える際は発音も一緒に覚えよう

英単語の意味をどれだけ覚えていても、実際に会話の時に正しい発音ができなければ、

相手に伝えることができませんし、相手の言っていることも理解できません。

 

日本人にとって、慣れない英語の発音はとても難しく感じられますが、

何度も聴き、発音を真似することで正しい発音に近づくだけではなく、

これまでは聞き取れなかった単語も理解できるようになります。

今はスマホでも発音を簡単に調べることができますが、英語の辞書などには発音記号があり、

発音記号の理解が出来れいれば発音の仕方もすぐにわかるので、ぜひ発音記号も覚えてみましょう。

英語の発音で近年注目されている「フォニックス」。この本で基本から学ぶことができます。

小学校の副教材でも使用されているので、大変読みやすく、分かりやすいですよ。

 

文法の違いと基本の動詞を理解して、覚えよう

もしも知っている英単語を、日本語で話す時と同じ文法に当てはめてしまうと多くの場合が間違っているでしょう。

単語の意味や発音を覚えるのと同じくらい重要なのが文法の違いと基本の動詞を理解することです。

 

have, make, take, giveなどの基本の動詞をどのように使えばどのような意味になるのかを再確認することで、基本的な英語の文法の理解へと繋がります。

 

文法の基本を固めする上で、家庭教師を利用することをおすすめします。

文法は大学受験でも重要になるので、中学のうちにしっかりと理解しておくと大変有利になります。

東大や医学部の講師を多く在籍する『オンライン家庭教師e─Live』は、
集団授業ではないので、あなたの苦手な分野を把握して、しっかりと分析して、アドバイスしてくれます。
あなた専用の「講師」を見つけることができます。

 

読む力も養おう

話したり聴いたりするためにはやはり読むことも重要になってきます。

 

まだ勉強を始めたばかりであれば、思っていた訳とは違っていたり、

使い方によって意味が変わる英単語があることにも気づくと思います。

 

聴く、話す、読むをバランスよく勉強することで英語の上達に繋がります。

 

おすすめの勉強方法

最後に、おすすめの勉強方法をご紹介していきます。

 

シャドーイング

リスニング力をつけたい時に効果絶大と言われているのが“シャドーイング”です。

これは聴こえてくる英語の音声を、少し遅れて真似してスピーキングするという学習方法です。

 

英単語の発音を覚える時、一生懸命カタカナで表記しようとしても難しかったり、

かえってそれが発音の理解や上達の妨げになってしまうことがあります。

 

習うより慣れろとも言いますが、実際の発音を真似して発生することでより発音が理解できるようになり話すことも聴き取ることもレベルが上がります

 

シャドーイングのおすすめの教材は「ゼロからスタートシャドーイング 入門編」です。

内容が中学レベルのため、初めてのシャドーイングには取り組みやすい教材と言えます。

地道な作業になりますがコツコツやってみましょう。

 

ディクテーション

更に英語力を上げるためにおすすめなのが“ディクテーション”です。

ディクテーションとは、聴き取った音声を文字に書いていく勉強方法です。

 

この方法で勉強することで、聴き取れない部分がどこなのかが浮き彫りになったり

新しい文法を覚えるきっかけにもなったりします

 

ディクテーションンのおすすめの教材は、何といっても「学校の教科書です。

レベルもちょうど合っており、授業にも直結しているので、定期テストの点数アップにもつながります。

 

この方法で勉強したことで効果があったという声も多くあるので、シャドーイングと合わせて行ってみましょう。

 

英語を得意科目にするために

英語は苦手意識を持ってしまうと、高校受験だけでなく、大学受験でとても苦労します。

早い段階で苦手意識を克服し、得意科目にすることが大切です。

東大や医学部の講師を多く在籍する『オンライン家庭教師e─Live』は、

自分にあった「講師」を見つけることができますので、一度体験されてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!